カテゴリ: 本編

依頼主の女が暴漢に襲われそうになったが、武蔵が居合わせた事で穏便に済ます事が出来た。

ゲノムマネージャーは犯罪者を目の当たりにしても見過ごさなければならない。

そうする事で犯罪者の犯行を自重させる事に一定の効果があり、そうする事がゲノムマネージャーの命を守る事にもなる。

ゲノムマネージャーとて死んでしまったら、ゲノムを書き換える事は出来なくなってしまう。

そうまでしてまで守らなければならないゲノムマネージャーの命。

ある意味、ゲノムマネージャーも無法者である、と。

そして元々、本来の無法者である犯罪者について武蔵は言った。

「犯罪者を社会から排斥してはならない」

と。

「え!?どうして?」

「乱暴をされそうになった君からすれば、理解は出来ない事なのかもしれない。犯罪者の肩を持ってる様にも見えるかもね」

「理解が出来ないというよりは率直な疑問があるわ」

「勿論、社会は犯罪を減らす努力が必要ではある」

「うん」

「ただ、犯罪者と犯罪は分けて考えなければならないって事。"罪を憎んで人を憎まず"なんて言葉もある」

「その言葉は私も知っているわ」

「犯罪を減らす必要はあるが、犯罪者を排斥までしてしまうと、本来、犯罪者にならずに済む者まで犯罪者にしてしまうんだよ」

「そうなの!?」

「犯罪者を排斥した世界では残された者の中から一定数、犯罪者を生み出す事にもなる」

「なるほどねぇ」

「その生み出された犯罪者は、以前の段階での排斥がなければ犯罪者にはならずに済んだ者」

「そんな見方もあるんだ」

「結局、憎悪による排斥は、より憎悪を蔓延させる事になる」

「そう考えると怖い事だよね」

「だから濁っているからといって、悪いものだからといって、安易に排斥してはならない」

「そっか」

「濁っているものや悪いものですら愛する事の出来る情が必要」

「Musashiの言っている事は分からないでもないけど、それが必要かって言われると、やっぱり疑問かな」

「勿論、殆どの個人にそこまでの情は無いだろう」

「そうだよね」

「でも、社会にはその様な情も必要だって事」

「社会には、かぁ」

「間違える事が許されない世界で人間社会は秩序を保つ事が困難になるだろう」

「そうなのかな」

「更正の道が残されている事で人は真っ当に生きる事も出来るんだよ。ただ、殆どの人間は自分が真っ当に生きている事を自分だけの問題だと過信してしまっている」

「なるほどねぇ」

「その過信が社会から情を排除してしまい、悪に対する憎悪を強めてしまう。しかし、それではいつまで経っても憎悪の連鎖を断ち切る事は出来ない」

「それはそうかもしれないわ」

「そこでゲノムマネージャーの出番なのさ」

「どういう事?」

「ゲノムマネージャーは例え極悪非道な者ですら愛する情がなければならない。それは博愛ならぬ博情とも言える」

「博情かぁ」

「そして、その博情は特定の誰かに特別に愛されたい者にとっては薄情にも感じるだろう。後の方は薄い情の方ね」

「それはそうだよねぇ」

「でも、それでいい。その博情(薄情)を以って世の中の憎悪を薄める事。それがゲノムマネージャーにとって最大の役割と考える」

「だから、なんだ」

「何が?」

「さっき言っていたじゃない。ゲノムマネージャーも無法者だって」

「ああ。そういう事」

「でも、私には信じられないわ。そんな簡単に憎悪を薄める事が出来るのか」

「簡単ではないさ。でも、出来ない事ではない」

「本当!?」

「その為に俺は此処へ来たんだろ!?」

「ありがとう」

「君の家族へ対する憎悪。ゲノムマネージメントの必要性を感じた」

「それで私の依頼を受けてくれたのね」

「被害者が加害者を憎悪しなくて済む様に。加害者がそれ以上の憎悪を生み出したりする事の無い様に。ゲノムマネージャーは全ての者に情をかける」

「うん」

「先程の彼も今日、思い止まった事を思い出して、次も思い止まってくれたら、と」

「そうだね」

「今度は君の番さ」

「うん」

「申し訳なかったね」

「何が?」

「こんなに長々と話をしてしまって」

「いえ。すごく勉強になったから」

「マネージメントをする前に俺が博情(薄情)者だって事を理解しておいて貰いたかったんだよね」

「そうだったんだ」

「その方がマネージメントがし易くなると思って。料理の下拵えみたいなもんだと思って貰えれば」

「それじゃあ、私は食材なの?」

「俺にとっては強ち間違いではないかな」

「どう調理して貰えるのかしら?」

「それは楽しみにしておいて」

そう言うと武蔵は立ち上がって、女をベッドに寝かせる。
そして武蔵もベッドへ潜り込んだ。

「いらっしゃい。 Mr.Musashino.」

無事に空港についた武蔵は次の依頼主の女の出迎えを受けた。

「"Mr."も"no"もいらない。"Musashi"と呼んでくれ」

引き続き、此処でも英語での会話となる。

「OK!Musashi. それにしても変な名前だよね」

「それはウチの親に言ってくれよ」

二人は歩き始めた。

「ファーストネームもラストネームも"Musashi"だなんて」

「ふざけた親だよな。普通はラストネームが"Musashino"だったら、ファーストネームに"Musashi"は避けるはず」

「でも、いいじゃない。私はすぐに覚える事が出来たわ」

「そうなんだよな。日本の外で仕事をする様になって、それは実感する」

「そんなに違うの?」

「ああ、ラストネームとファーストネームが同じだという事はラストネームを言いたい者にもファーストネームを言わせてしまう事にもなる」

「なるほどねぇ」

「それで半ば無理矢理、親しみを抱いて貰える事は多い様に感じるよ」

「無理矢理に親しみって、可笑しい~」

女は屈託なく笑っている。

「それでも中には頑固にラストネームで呼ぶ律儀者もいるけど」

武蔵はそう言うと、苦笑した。

「そうなんだ」

「でも、それは君には関係の無い話だったな」

「私もそうした方がいいのかしら?」

「いや、だから"Musashi"でいいって。たまたま前の依頼主が律儀者だったからさ。つい、余計な事を言ってしまった」

「全然、余計じゃないよ。面白いじゃない。そういう話も」

「ありがとう。お詫びという訳でもないが、飯でも奢るよ」

「いいの?」

「いいさ。臨時収入も入ったしね」

「そうなんだ。じゃあ、ご馳走になっちゃおう」

二人は女の車でレストランへ行き、食事を済ませた後、女のアパートへと帰って来る。

部屋の鍵を開けたつもりが閉まっていた。
女は再び鍵を開ける。

そしてドアを開けた途端、何者かに捕まって部屋の中へと引きずり込まれた。

武蔵は用心しながら、一旦、閉じたドアをゆっくりと開ける。
部屋の中を覗くと、一人の男が依頼主の女の頭に銃を突き付けていた。

「妙な事をしたら、この女の頭がどうなるのか、分かるよな!?」

男が武蔵に脅しをかけてくる。

「別にお前に何かをするつもりは無いよ」

「だったら、おとなしく帰りな」

「今、俺が帰るところは此処しかないんだけどなぁ」

「なんだと!?一体、お前は何者なんだ?」

「俺はその女のゲノムマネージメントをしに来たのさ」

「本当か!?」

男は女に訊いた。
男に口を塞がれながら、女が頷く。

「どうしたら、いいのか、分かるよな!?」

武蔵が男を問い詰める。
男はゆっくりと女を離した。

女は武蔵のところまで駆け寄って来る。
武蔵は女を抱き寄せた。

そして男も武蔵の方へ向かって来る。
そのまま武蔵の脇を通り、部屋を出て行った。

そして武蔵は女を抱えたまま部屋の中へ連れて行く。

「大丈夫か?」

「うん。ありがとう」

武蔵は部屋の中にあったベッドに女を座らせた。

「コーヒーでも煎れようか?何処にある?」

「私が煎れるわ。もう大丈夫だから」

座ったばかりの女が立ち上がる。

「大丈夫か?」

「うん。今度はあなたが座って待っていて」

「OK」

そう言うと、武蔵は部屋の中で腰を下ろした。

暫くすると、女がコーヒーを煎れて戻って来る。

「はい。どうぞ」

「ありがとう」

武蔵はコーヒーを受け取った。
女は再びベッドに座って、コーヒーを啜る。

「警察に通報しないと」

「見逃してやって貰えるかな!?」

「え!?何で?」

「ゲノムマネージャーは犯罪を目の当たりにした時に、犯人がそれ以上の犯行を思い止まった場所は見逃す決まりになっている」

「何故?」

「もしゲノムマネージャーが犯罪被害に遭い命を落としたら、ゲノムマネージメントで追跡されるから逃れられなくなる」

「それはそうよねぇ」

「でも、見逃して貰えるなら、あの様なケースで無理に犯行を続けるよりも、その場は引き下がって別の機会にした方がいい」

「でも、それじゃあ、他に被害者が出てしまうだけじゃないの!?」

「それはそうなんだけどねぇ。でも、先程の彼は見逃して貰えると思ったから、おとなしく引き下がってくれたのだろう!?」

「それもそうね」

「もし、そうじゃなかったら、君も俺も殺されていたのかもしれない」

「本当にそうだわ」

「ある意味、ゲノムマネージャーを守る為でもある。見逃す決まりは」

「なるほどねぇ」

「ゲノムマネージャーは色々な法に守られながらも、法に縛られない面もある」

「至れり尽くせりだわ」

「そこまで超法規的な事をしてでも守らなければならない。それは犯罪者が無法者だとして、ゲノムマネージャーも別の意味で無法者だという事」

「そんな見方もあるんだねぇ」

「そして無法者とはいえ、犯罪者を社会から排斥してはならない」

武蔵は厳しくも優しい表情でしっかりと言った。

武蔵はアメリカの依頼主のところへ行く途中、その移動時間にもゲノムのマネージメントをする為にと、ある富豪女性の依頼を受け、そのプライベートジェットの中でマネージメントを済ませた。

しかし、その機内で突然にパイロットが倒れるというトラブルに見舞われる。

「どうしましょう!?このままパイロットの意識が戻らなかったら」

「仕方がないな。こうなったら、もう一度、君のゲノムを弄るしかない」

武蔵はベッドから体を起こして、ベッドの端に座っていた。

「それで何とか出来るのですか?」

女は立ち上がって、武蔵の方を向いている。

「本来は一人の人間のゲノムマネージメントは一度きり」

「それは知っています」

「そして未来を確定させる様なゲノムの改変は許されていない」

「それも契約の時にお聞きしましたが」

「このままだと俺達は間違いなく死ぬ事になる。それを死なない様に改変するのは違反だという事」

「という事は?」

「あくまでも、許されている改変は生き残れる可能性を作るだけ」

「でも、それじゃあ、、、」

「そういう事。必ず生き残れるとは限らないし、死ぬ事も十分に考えられる」

「そうするしかないのかしら!?」

「いや、今回の様にゲノムマネージャー自身の生命の危機に際しては、あらゆる規制を無いものとする事は出来る」

「良かったわ」

そう言うと、女は武蔵の隣に腰を下ろした。

「場合によっては殺人だって、罪には問われない」

「そうなのね」

「でも、殺人をする様な者は、そもそもゲノムリーダーにすらなれない」

「そりゃ、そうよねぇ」

「ただ、今回の様に強引なゲノムの改変をする事になれば、その歪みは余所へ転嫁される事にはなる」

「それはどういう事なのかしら?」

「簡単に言えば、俺達の命を守る代わりに他の誰かの命が奪われる事になるって事」

「誰の?」

「それは分からない。勿論、宇宙のゲノムを調べれば知る事は出来る。でも、それをするゲノムリーダーはいないだろう」

「どうして?」

「宇宙のゲノムを知ってもロクな事はないという事さ」

「ロクな事って?」

「今、世界では多くの者が自らの命を断っている」

「そういえば、あなたの母国の日本は若者の自殺が問題になっているようね」

「余り知られてはいないが、若者の自殺者の何割かはゲノムリーダーなんだよ」

「本当なの!?」

「ああ、だから世界にゲノムマネージャーは100人程しかいないが、その中で日本人のゲノムマネージャーだけが30人を超えている」

「それって、良い事なのか、悪い事なのか、、、」

女が言葉に詰まる。

「一方、ゲノムリーダーの9割は若い内に自殺をしてしまう」

「そんなにも、、、」

再び女は言葉に詰まった。

「宇宙の真理に触れ、宇宙のゲノムを読んでも、その先にあるのは絶望しかない」

「あなたは?」

「そう。俺は宇宙のゲノムを読める様になっても、それ以上は深入りしなかった。その辺が分かれ道となるのかもしれないね」

「そうなのね」

「知りたくなる気持ちは分からなくもないが、それを抑える事が出来ないと、自らの身を滅ぼす事にもなる」

「ゲノムマネージャーになるのも大変なのね」

「でも、結局は何事もそうなんだよ」

「どういう事?」

「分からないものの先にある"何か"を感じ取る事が大切なのさ」

「分からないものの先にある"何か"、ねぇ」

「勿論、知らない事を知ろうとする姿勢も大切なのかもしれない」

「そうねぇ」

「でも、知りたい、と思う事。それ自体がエゴなんだよね」

「エゴかぁ」

「そして、そのエゴに振り回されてはいけない、という事」

「なるほどねぇ」

「それに知らないままでいた方がいい事もある」

「それはそうですね」

「先程の"誰"という問いもそう」

「そういえば、それが気になっていたのよ」

「誰なのかを知ってしまったら、俺達が助かる事が申し訳なくなるだろ!?」

「知らないままでも、いい気はしないわね」

「でも、俺が此処に居合わせている事。その事がその様な改変が行われる事が必然である事を表してもいる」

「なるほどねぇ」

「だから、そんなに気にする必要はないさ」

「分かったわ」

「それじゃ、マネージメントを済ませておくか」

「ねぇ、ひょっとして、二度もゲノムのマネージメントをして頂けるなんて、私って果報者なのかしら?」

「果報者かはともかく、世界でも数える程しかいないだろう」

「じゃあ、きっと果報者だわ」

「俺の方ももう一度、君のマネージメントが出来るなんて、果報者だな」

「あら、いやだ。それならおっしゃって頂ければ、宜しかったのに」

「だから、そんな事は知らないままでいた方が果報者でいられたのさ」

そう言いながら、武蔵は女に覆い被さる。

女は武蔵に身を委ねた。

「Mr.Musashino. 本当にありがとうございます」

「何度、言ったら分かるんだ!?"Mr."も"no"も要らないと言ってるだろ」

武蔵はベッドの上で仰向けになっている。
上半身は裸で下半身には布団が掛けられていた。

※因みに此処での会話は英語で行われている。

「いえ、そういう訳にはいきません。私にとっては大切なお客様なのですから」

ベッドの脇にテーブルと椅子があり、ガウンを着た女が一人、座っている。
そのテーブルの上に少しだけワインが注がれた、ワイングラスが乗っていた。

「それはお互い様だろ!?しかも、俺の方が過分な金銭まで頂いている」

「いいのです。それが私の感謝の気持ちです」

「勿論、くれるもんは貰っておく。その分で貧しい者をマネージメントする為の経費に回せる訳だから」

「是非、そうして下さい」

女はワインを一口だけ飲んだ。

「ただ、俺は金で仕事をしている訳じゃない」

「じゃあ、何で仕事をしているの?」

「俺の仕事に対する正当な報酬は女の体だけ」

「あら、まぁ。ゲノムマネージャーらしからぬ、お言葉」

「俺は出来損ないだからな」

「じゃあ、マネージメントはセックスをする為の口実なのかしら?」

「そう思うなら、そう思って貰っても構わない」

「契約の時の説明ではマネージメントの手段がセックスだとの事でしたわね」

「そういう事。それを信じるかどうかは君の問題だ」

「信じるわ。だから疑問もあるのよ。何故、そうまでして女性の体に拘るのか」

「過分な金銭を頂いちゃっているからな。仕方がない」

「あなたも結構、律儀なのね」

「君程じゃないさ」

「そうかしら!?」

「まあ、いい。話を続ける」

「どうぞ」

「先ずゲノムマネージャーのマネージメントの手段は人それぞれ。そんな中で俺の手段はセックスだった」

「他にもその様なゲノムマネージャーはいるの?」

「いや、恐らくは俺だけだろう。他に聞いた事は無いからな。世界に100人程しかいないゲノムマネージャー。もしいたら、耳には入ってきているだろう」

「そうなのね」

「そして俺はマネージメントの手段がセックスだから、女性専門のゲノムマネージャーになるしかなかった」

「それが不満なの?」

「若い頃はそれがコンプレックスだった」

「なるほどねぇ」

「でも、ある時、気付いた」

「何に?」

「それもまた、俺に割り振られた役割だと」

「役割ねぇ」

「そして、そうやって割り切ると、結局、命の基は雌なんだって」

「雄は雌の突然変異なんて話は聞いた事があるけど」

「その基となる女さえ救済が出来れば、そこから連なる全てを救済する事にもなる」

「なるほどねぇ」

「だから俺は俺で自分に与えられた役割を果たせばいい。男のマネージメントが出来ない事で卑屈になる必要は無い」

「そうね」

「ただ、俺にとっては女がこの世界の全てであり、女の体だけが全て」

「そういう事だったのね」

「だってそうだろ!?何故、俺はゲノムリーダーとなったのか」

女は微笑んだ。
武蔵が言葉を続ける。

「俺のこの特殊な能力を活かしてくれるのは、女の体だけ」

「そういう事になっちゃうのかな。話を聞く限り」

「だから俺にとっては女の体が最高の報酬となる。そして金は厚意による寄付の様なものにしか過ぎない」

「分かったわ。もっと寄付をしてあげるわ」

「別にそういうつもりで話をした訳じゃ」

武蔵は苦笑した。

「いいのよ。厚意による寄付なんだから気にしないで。そして、それだけあなたに感謝をしているという事でもあるのよ」

「だったら言わせて貰う。それだけ感謝をして貰えるのはありがたい。でも、その感謝の量はそのまま君の体の価値だよ」

「そんな事を言われたら、益々、寄付をしたくなるわ」

「何でそうなるの?」

「いいじゃない。あなた、さっき貰えるものは貰うって言っていたわよね!?」

「それはそうだけど」

「あなたのおっしゃりたい事も分かります。感謝をお金に変換すれば、その分、私の体の価値を貶める事になると言いたいんでしょう」

「そういう事になるかな」

「でも、いいのよ。何度も言うけど、本当に厚意による寄付なんだから。遠慮しないで受け取って欲しいわ」

「OK!俺の方も言いたい事は言ったし。遠慮無く頂く事にするよ」

その武蔵の台詞の途中で、突然、部屋に警報がなった。

女が外部の者と連絡を取る。

外部からの連絡によると、パイロットが突然に意識を失ったとの事。

暫くは自動運転で問題無いが、このままだと着陸が出来ない。

今、武蔵は女の所有するプライベートジェットでアメリカへ向かっているところだった。

「ねぇ、また会ってくれる?」

「それは契約外だなぁ」

男はベッドの上で仰向けになっていた。
女は男の横で男を方を向きながら、丸くなっている。

「じゃあ、もう一度、契約をしてよ」

「それは出来ない相談だって事は君が一番、分かっているはずだ」

言われて女は言い返せない。
そして男が言葉を続ける。

「ゲノムマネージャーの利用は一人、一度だけ。それを破れば極刑が待っている」

「それはそうだけど、」

女は言い澱む。
それを見て、男が更に言葉を続ける。

「極刑を受けるのは君なんだよ。俺はお咎め無し。それでもいいの?」

「よくはないけど」

「それに俺だって、お咎めは無くても共犯者になってしまう事に変わりは無い。俺に共犯者になれって言うの?」

「駄目?」

「駄目に決まっているだろ」

男が苦笑した。
女は残念そうに言う。

「つま~んな~いの~」

「俺達は恋人でも何でもないんだぜ」

「今はそうかもしれないけどさ~」

「今後もだよ」

「酷~い」

「どっちが酷いんだよ。ゲノムリーダーの事、何も分かってないんだもんなぁ」

「そうよ。分からないわ。だから何?」

「じゃあさ、もし家族が殺されたとして、その家族を殺した犯人を愛する事は出来る?」

男は半身になって女の方へ向いた。

「そんな事、出来る訳無いじゃない」

「それが出来る人間にしか、ゲノムリーダーになる資格はない」

「別に私はゲノムリーダーになりたい訳じゃないけど」

「ゲノムリーダーは善も悪も引っくるめて、この世界の全てを愛さなければならないという事」

「だから!?」

「その為には特定の誰かや何かを愛する能力は邪魔なものでしかない」

「そうなんだ」

「だからゲノムリーダーは先天的にその能力が欠落している半端者しかなれない」

「半端者ねぇ」

「その代わりに全てを愛する能力を持って生まれてくる」

「ねぇ、それって幸せなのかなぁ?」

「まあ、それは受け取り方次第だからねぇ。俺は幸せだよ」

再び、男は仰向けになる。

「そっか」

「ゲノムリーダーにとっては他人の幸せが自分の幸せ」

「だったら、いいじゃない」

「何が?」

「また私と会ってくれても。仕事抜きでいいからさ」

「何で、そうなるんだよ!?」

「私、あなたと一緒にいると幸せよ」

「ありがとう。その言葉は素直に喜んでおくよ」

「本当かなぁ!?」

「それはお互い様だろ」

「私は本当よ。だって私が今までに出会ってきた男達は、、、」

女はそこまで言って、言葉にならなくなる。
そして自分の腕に刻まれている無数の傷を撫でた。

「分かっているよ。だから俺を頼ってきた」

「うん」

「でも、もう大丈夫」

「そう!?」

「君と俺はすでに出会った」

「それで?」

「君はもう自分の将来を悲観する必要は無いという事」

「本当!?」

「勿論、必ず、とは言えない。でも、君の努力次第で何とかなるはず。今までゲノムの影響でどうにもならなかった部分は書き換えたから」

「私に出来るかな!?」

「自分を信じろ」

「だって私も半端者。生きていたくないのに生きてしまっている」

「そんな自分を変えたくて、俺を呼んだんだろ!?」

「それはそうだけど」

「大丈夫さ」

「うん」

「だって、数えきれない依頼の中から、君は選ばれた」

「何故、私を選んでくれたの?」

「君が一番、俺を必要としていると感じたから」

「ありがとう」

「君は自分の力で俺との出会いを引き寄せた」

「そうなのかな!?」

「そうだよ。だから、やって出来ない事は無い」

「ありがとう」

「その内、もっと素敵な出会いを演出する事も出来るさ」

「え~!?」

「ただ、その相手は俺じゃない」

「何それ~!?」

「俺は特定の誰かのパートナーになる資格の無い半端者」

「それって体よく私を避けてない!?」

「そう思いたければ、好きにすればいい」

「武蔵って意地悪なのね」

「ただ、これだけは言える」

「何?」

「今日の君は最高に可愛かったよ」

「ありがとう」

女は少し照れた。

「朝になったら、俺は次の依頼主のところへ向かわなければならない」

「次は何処へ行くの?」

「次は空の上かな」

「何それ!?」

「アメリカの依頼主のところへ行くまでに、一人、飛行機の中でマネージメントをする事になっている」

「そんな事までしなきゃならないの?」

「一人でも多く、笑顔に出来たらいいでしょ!?」

「我が儘を言って、ごめんなさい」

「俺も我が儘を聞いてあげられなくて、ゴメン。その代わり、朝までは付き合うよ」

そう言うと、武蔵は女に唇を重ねた。

そして二人は一人の男と一人の女へなっていく。

↑このページのトップヘ